その他
翡翠蔓
クリスマスローズ

クリスマスローズという名前は、キンポウゲ科ヘレボルス属の英名クリスマスローズからきたもので、本来はヘレボルスの一種であるニゲルのことを言います。
ニゲルは、ヘレボルスの中では早咲きで、英国ではクリスマスの時期に咲くことから、クリスマスローズの名前がついたと考えられています。

英語ではセンチュリー・プラントと呼ばれ一世紀(100年)に一度だけ花が咲いて枯れてしまうといわれています(100年植物)。しかし、実際には、熱帯地域では10〜20年、日本では30〜50年で開花します。奈良教育大学のリュウゼツランは、およそ30年前に大学の高橋先生(化学教室)が植えられたもので、1999年に初めて花をつけました。

百年に 一度だけ咲く 恋の花 竜舌蘭は 浜離宮に舞う ふじいさむ

年草。中国から古く渡来して各地に自生化。地下の鱗茎は円く黒色の皮を持つ。葉はヒガンバナに似て線形で幅広く、夏には枯れる。
フィリッピンのルソン島など限られた熱帯雨林にしか自生しないマメ科の蔓性植物だと云う。
英名「Jade Vine」を其の侭訳して和名「翡翠蔓」としたものだろう。
竜舌蘭

ナツスイセン

しばらくは連れなりし蝶路ばたの花にとまりてついにはぐれし 中河幹子

のろい歌かきかさねたる反古とりて黒き胡蝶をおさへぬるかな 与謝野晶子

蝶と花

物の葉やあそぶ蜆蝶はすずしくてみなあわれなり風に逸れゆく 北原白秋

蝶一つ飛べるが去らず青芝の庭に照る日の陰のあたりを  岡麓

キタテハ
コミスジ
クロアゲハ
クジャク蝶
      トップへ
ホームページ / 道草     その他 / 宝物  / 思い出 / しりとり575 / Profile / Link
Copyright (c) Yuji Fujinoki 2004 All Rights Reserved

曲 忘れな草 BGM by Wonder Jungje

オオゴマダラチョウ

グロリオサ

アガパンサス

花言葉・・栄光・華麗

花言葉・・恋の訪れ

キアゲハ

ベニシジミ