君が踏む北の国なる氷雪をわれは思へり白梅の花 岡本かの子
目の前の真白き富士にいだかれし曽我の梅林春の訪れ ふじいさむ
桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり 岡本かの子
酌み交わす 杯に散る 花びらを 浮かべ飲もう 今宵楽しく ふじいさむ
ウコン桜
八重桜
枝垂れ桜
南殿(松前
枝垂れ桜(弘前
木蓮
木蓮のちれる花びら井戸水とともに掬ひて手にとる吾は 佐藤左太郎

うすにごる午後の空気の重たさにたえずほたほた木蓮がちる 岡稻里

チューリップ
惜しげなく切りてくれたるチュリップ花瓶にさす朝のしたしさ  土岐善磨
いのちの火守れる如くチューリップ花ひらきつつまた夕べ閉づ 福田栄一
鳥籠をしず枝にかけて永き日を桃の花かずかぞへてぞ見る 山川 登美子
我が衣に
伏見の桃の
雫せよ 

芭蕉
桃咲けや
ぽつぽつとけぶる
ことし塚 

一茶
白藤の花にむらがる蜂の音あゆみさかりてその音はなし 佐藤佐太郎
瓶にさす藤の花ぶさ短ければ畳のうへにとどかざりけり  正岡子規
花水木
色あさき
水木の花の
匂ひいづる
春もさつきと
なりにけるかも

今井邦子
花みずき
紅白風も
二分岐れ

塙毅比古
牛島の
千年藤が
開花して
ほのかな香り
肩に漂う 

ふじいさむ

ボケ・タンポポ

軒の端の
ぼけのさび枝に
返り花
1つ咲けるも
紅の花 

伊藤左千夫

多摩川の
砂にタンポポ
咲くころは
われにもおもふ
ひとのあれかし

若山牧水
チューリップのにほひのもとにわづかなる眩暈をおぼえ昼もおもひぬ 北原白秋
花言葉  忠実・気品
花言葉  優れた美人・純潔・精神美・独立・良い教育
花言葉  自然愛
花言葉  名声・想いやり・恋の宣言・博愛
花言葉  恋のとりこ(花桃)
花言葉  私の思いやりを受けてください
花言葉  恋に酔う・ あなたを歓迎します・歓迎・異国の住人よ

花言葉  ボケ・・・・・ 熱情・早熟 ・凡
      タンポポ・・・ 愛の信託・別離・思わせぶり 

ホームページ / 道草      その他 / 宝物  / 思い出 / しりとり575 / Profile / Link
   その他   トップへ
Copyright (c) Yuji Fujinoki 2004 All Rights Reserved

(クリックすると画面が変わります)

そことなくうこんざくらの色いしたるたそがれ時となりにけるかも 与謝野晶子

ヤマブキ・連翹

花言葉  ヤマブキ・・・・ 気品高い
       連翹・・・ ・・・優しい心

人も来ず春行く庭に水の上にこぼれてたまる山吹の花    正岡子規

連翹の
しだり尾ながし
あけぼのの
風を踏みたる
身かまへにして 

与謝野晶子

曲 セレナーデ BGM by Wonder Jungje

カタクリ

花言葉   寂しさに耐える

片栗や 
自ずとひらく
空の青  

加藤知世子
 

かたくりの 
花に雪解の 
水たまる 

三品壷中子

((タッチすると画面が大きくなります)