山茶花

ひそやかに下枝ばかりにひらきたる山茶花白くこぼれたる見ゆ  長塚節

山茶花は光ともしき花さきぬ人のこほしき紅にあらなく  佐藤佐太郎

冬の日の
あかつきおきに
もらひたる
山茶花いけて
茶をたてにけり 

伊藤左千夫

花を多み
真赤に見ゆる
門口の
山茶花をうとむ
朝な朝なに 

若山牧水
椿
十ばかり
椿の花を
つらぬきし
竹の小枝を
もちて遊びつ 

正岡子規
口びるを押しあつるごとくれないの椿ちりぬ手のひらの上  与謝野晶子
庭散歩
椿向ひ
また背き

高浜虚子

水仙

一月の
房総保田は
温かく
一面に咲く
水仙の花 

ふじいさむ
水仙は
白妙ごろも
よそほへど
恋人待たず
香のみを焚く

与謝野晶子

水仙の
枯れゆく花に
いたがう葉 

安住敦 

一歩どつ
海のひらける
野水仙  

長谷川痍吉

花言葉  理想の恋
花言葉  気取らぬ魅力・控えめの美徳

花言葉  自己愛・うのぼれ・自尊心・気高さ・愛をもう一度

ホームページ / 道草     その他 / 宝物  / 思い出 / しりとり575 / Profile / Link
   その他   トップへ
Copyright (c) Yuji Fujinoki 2004 All Rights Reserved

曲 セレナーデ BGM by Wonder Jungje

福寿草

花言葉  幸せを招く・思い出

老いてほ母に意地あり福寿草 加藤静子

福寿草紅色に咲く秩父紅  ふじいさむ

秩父紅

マンサク

花言葉  呪文・霊感

まんさくや水いそがしきひとところ  岸田稚魚

ルビー・グロ