朝顔

朝顔の
花は向ひて
不覚なる
涙と思えど
疲れて流るる

島木赤彦

朝顔の
ひとつはさける
竹のうら
ともしきものは
命なるかな 

芥川龍之介
槿
白木槿
きのうふをとつひ散りそめて
地にたまれる
花多くなりぬ 

土田耕平
立秋を
白き木槿の
花咲きて
見る眼すがしく
開きましし父や

北原白秋
芙蓉
なつかしき秋の初めの夕月は紅の芙蓉もここちこそすれ 与謝野晶子
夜ふけし家に帰ればわが庭の芙蓉は明日の花ひらきそむ  佐藤佐太郎

静けさや君が裁縫の手をとめて菊見るさまをふと思ふとき 若山牧水

菊のはな酢にしたしつつうらがなしかくしつつこそ秋も過ぎなむ 北原白秋
コスモス

コスモスの花群がりてはっきりと光をはじくつめたき日ぐれ 木下利玄

コスモスは倒れたるままに咲き満ちてりとんぼうあまたとまるしづかさ 土田耕平

「昭和記念」公園の丘に登って見下ろせば花並み続くコスモスの花 ふじいさむ

曼珠沙華

曼珠沙華の花あかあかと咲くところ牛と人との影通りをる 北原白秋

鷺草
いろいろの草の植ごみにかなしきは一輪しろき鷺草の花 平福百穂
風が吹き
鷺草の皆
飛ぶが如
 
高浜虚子

桔梗・萩

秋風に
まなくひまなく
ちる萩も
今一日とて
君をまつらし

伊藤左千夫

信濃路は
西にむかえり
この朝
桔梗のはなに
雨の寒しも 

岡麗
花言葉  貴方に私は結びつく・はかない恋
花言葉  繊細な美・信念・何時も新たな美しさ
花言葉  高潔・清純・高尚
花言葉  調和 乙女の心・野生美・少女の純潔・真心
花言葉  悲しい思い出
花言葉  夢でもあなたを思う
花言葉  桔梗・・変わらぬ愛・誠実・従順
ホームページ / 道草     その他 / 宝物  / 思い出 / しりとり575 / Profile / Link
   その他   トップへ
Copyright (c) Yuji Fujinoki 2004 All Rights Reserved

曲 忘れな草 BGM by Wonder Jungje

鶏頭・露草

鶏頭・・・おしゃれ・博愛・奇妙・気取り屋

露草・・・懐かしい関係

鶏頭の 
うしろまでよく 
掃かれあり 

高浜虚子

露草も
露のちからの
花ひらく 

飯田龍太

曼珠沙華
咲くべくなりて
石原へ
おり来む道の
ほとりに咲きぬ 

斉藤茂吉

ショウキズイセン(ヒガンバナ科)

キバナコスモス

シーシェル

キイロコスモス